単身赴任中に妻の不倫が気になる!妻の不倫を防ぐ方法

単身赴任を言い渡された男性が気になるのが、自分の妻が他の男性と不倫をするのではないかという点です。

実際に旦那さんの単身赴任中に不倫をする女性は多いです。いつも一緒に過ごしていた夫婦二人が別々の場所で生活を始めるわけですから、徐々に心が離れていきどちらかが他の異性と親しくなるケースは大いにあります。

単身赴任中に妻が浮気をしないようにする効果的な対策を紹介します。

単身赴任中に妻の不倫

こまめに連絡を取る

単身赴任中でも仕事帰りや部屋にいる時はこまめに連絡を取り合うようにしましょう。

夫婦は良好な信頼関係が何よりも大切です。こまめに電話をしたりメールやラインでメッセージを送り合うなどをしていると、距離が離れていても心はずっと一緒です。

最近ではテレビ電話やスカイプなども利用できるので、顔を見ながら会話をすることもできます。

逆に単身赴任先から全然連絡をしなくなると、奥さんの方も不安になって、どこかに心の拠り所を作りたくて、優しく接してくれる男性と親しい関係になってしまう恐れがあります。

休日は自宅に帰る

できる限り休日は自宅に帰るようにしましょう。単身赴任先から自宅までの距離が遠い場合は交通費や時間がかかりますが、実際に顔を合わせてコミュニケーションを取ることで、奥さんの心はあなたから離れることはありません。

海外赴任の場合は難しいですが、ゴールデンウィークやお盆休み、正月休みなどは必ず自宅に帰って下さい。

単身赴任先に来てもらう

あなたばかりが自宅に帰るのではなく、たまには奥さんやお子さんを単身赴任先に呼ぶことも効果的です。

単身赴任先に来てもらい、色々と家事をしてもらいましょう

実際にどのようなところで暮らしているのかを知ることができるので、離れて暮らしていてもあなたのことをイメージしやすく、浮気をする心のブレーキにもなります。

記念日を忘れない

奥さんの誕生日やお子さんの誕生日、結婚記念日などを忘れずにお祝いをするようにしましょう。

自宅に帰れない場合は電話やメールで気持ちを伝えたり、プレゼントを郵送するなどの方法もあります。

大切な記念日を覚えていて祝ってくれる旦那さんを裏切って他の男性と浮気をすることはありません。

友人や家族の力を借りる

夫婦二人の共通の友人や両親などに頼んで、できる限り様子を見に行ってもらうように頼むことも有効な方法です。

あなたが居ない間に何か変わったことがないかを連絡してもらうことでちょっとした変化に気付くことができます。

特にあなたや奥さんの両親に自宅に来てもらうことは奥さんの浮気を抑止するためには非常に効果的です。

お子さんが居る場合は両親も孫に会いたいので快く承知してくれると思います。

三世代にわたって仲良くしている光景を目にすることで、この幸せを壊したくないと思い、浮気に走る気持ちを踏み止める効果があります。

まとめ

単身赴任中はあなただけでなく、あなたの奥さんも不倫をする可能性が高くなります。

結婚する前の交際期間中から奥さんに浮気性なところがあると感じる場合は十分に気を付けて下さい。

例えば、二人の間に子供が居ない場合は奥さんも一緒に連れて行くことも検討して下さい。

もちろん単身赴任をすることになっても不倫をしない女性もたくさんいます。

何よりも日頃からお互いの愛情を確かめ合っているなら、どんなに離れていても大丈夫です。

一人で生活するのは寂しいですが、「これも家族のためだ!」と思って乗り切って下さい!


PAGE TOP